– Scenery –


 – Scenery –

作詞作曲 : オノマサヒト


過ぎた先で見える景色に
意味はあるはずさ
だから進めるその足をまだ
止めないで

歩き始めてから
どれだけ経ったの?
何度躓いても君は
まだ諦めきれないの?

立ち上がるたびに増えていく傷が
そう  君の生きてきた証なんだね

進む道に迷い苦しみ生きていく日々
嗤うヒトもいるかもなぁ
その悔しさのタネに
花咲き誇る時がいつくるかなんてことを
今は知る由もないし
来るかさえもわからない

遠回りすることで
無駄にしたモノがあった
それだけかな? 

振り返ればもう
長く険しい道を遥か彼方まで
歩いてきたよね
過ぎた日々を想い  切なさで胸が曇り
雨となり流れゆくことも
きっとあるのだろう
そうなんだろう

転ばぬようにして気取るより
泥臭く転び起き  生きる君を
大切に思うんだ

疲れ果ててみえる君に広がる想い達
優しく「頑張ったね」と
言いたいけど
歩き続けた先で見える景色に
意味はあるのさ
だから進めるその足をまだ
止めないで

これから見に行こうそれを
僕と共に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です