Blog – 1月

2018年も早1ヶ月が経ちましたね。
どうもこんにちは、オノマサヒトです。

2月入って少し経ちまして、今月の目標と、1月を軽く振り返ろうと思います。

今月は先月宣言した通り…

◆3/1に曲発表。

この目標で動きます、後は演奏動画もアップしたいな。曲に関してはもう出来ていて、そのドラム・ベース録りのためにスタジオに向かう道中でこれを書いてます。

今月もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

さて、ここからは1月を振り返ります。ご興味があれば。

 


 

 

今年の年明け、具体的に何がどうとかそういうのはないんだけど、肌で感じるレベルで今までに無かったような初めての感覚を抱きながら新年を迎えて、その感覚がわりと間違ってないのかなというか、今年は本当に色々変わりそうだなって感じる1ヶ月になりました。

演奏動画から始まり、去年から気合いをいれてたライブがあり、そして演奏動画で締め。音楽的な部分ではそんなところだけど、それ以外では14年間共に、人生の半分一緒に生きてくれた、愛犬とのサヨナラが大きな出来事でした。

 

もっともっと先の世界が遥か彼方に広がってるという大前提の上で、僕なりの、現時点での”音楽”というものの本質というか、それこそ人生にもつながることなのかな、そこに向かうための意識や姿勢であったり、去年の終わりくらいからボヤッと見え始めてたものを確かめにいきたいと、今年始まった時に漠然と思っていて、そのボヤッとしたものがかなり輪郭を伴ってきた、それがこの1ヶ月、濃い一ヶ月だったなぁ。

この先は、その輪郭を伴ってきて見えてきた、辿り着きたい場所になるべく早く近づいていくこと、これに尽きるなと。
セルフプロデュースをしっかり考えて、実行して、高めるぞ~!ってそんな感じ。

 

突然訪れた愛犬とのサヨナラも、本当に、色んなことに気づかせてくれました。

14年前なんて僕はまだ中学生、思い返せば日々どんな生活をしていたかなんて思い出せないくらい、1日の重みなんて気にもせず、のうのうと生きていた、そんな頃から一緒にいたわけで、僕にとっては”日常”そのものだったわけです。

そんな日常にあったはずのものがある日突然目の前からなくなってしまう。

覚悟もしていたし、そんな日がいつか来るのはわかっていたから可能な限り共にいる時間も作っていたけど、いざ直面した時の哀しみは、当然のように、とてもとても深いものでした。

そんな瞬間に直面したおかげで、更に、更に、深く、”今”という時間の尊さ、大切にしたいと思う気持ちがとても強いものになって、最近は1日1日、一瞬一瞬、こうしてこの文章を書いている時間さえ、特別なものに見えるようになってきて、これは本当に彼のおかげというか、最後くれたプレゼントだったのかなって。

みんなわかってる上で、きっと目を瞑って生きてる。そりゃ終わりを見据えてしまっては全て無駄に見えてくるし、どう足掻いても絶望とはまさにこのことで、それが普通のことなんだと思う。

でも多分それは違うんだって、寂しいけど、哀しい話じゃないんだよって、愛犬が教えてくれた、そんな気がしてます。

帰宅して2時間後、「最期が近い」と呟いた1時間後に息をひきとって、きっと待っててくれてたなんて都合のいい解釈をして、翌日は雲一つない快晴の中、日曜日だったおかげで沢山の人に見守られながら旅立っていきました。

“当たり前”と思ってたものにもいつか終わりがくる、僕らが大事に出来るのは”今”だけだから、最期の時までなるべく多くの景色を見て、1つ1つしっかり焼き付けてながら生きていきたいですね。

今月もはりきっていきましょう〜。