Blog – お知らせと近況報告

どうもこんにちは、オノマサヒトです。

かなり久々の投稿になってしまいました。
色々思うことがあって、実は何度も文章に下書きとして書いては消してを繰り返していて…。

でもこれからの方向性がしっかりと固まってきて、
やっと書こうとパソコンの前に座ってこれを書いています。

理由や心境は後でつらつら書こうと思います。
とりあえずご報告としては

◆ソロ活動の一旦の休止

◆ツイキャスは不定期配信(月1程度ではやる予定)

こんな感じで、少しソロ活動は控えることにしました。

簡単な理由としては、これからも音楽活動を続けていきたいという気持ちが依然強くある中で、
遥か先に見える自分の理想を追い求めていくため、
まずは続けていくための環境を整えなければ、という判断に至ったからです。

ソロとしての表立った活動は止まりますが、しっかりとした形、成長して戻ってこれるよう、
1日1日を大切に費やしていきます、頑張ります。

 

こっからは軽い補足やら、心境やらをつらつらと。
よろしければどうぞ。

 


 

 

ここ数ヶ月で色んなことが明確になってきて、そこにたどり着くための方法だったり、着実に一歩ずつ進んでいる実感はある中で、どうしても自分から何かを発信するということに対して億劫な気持ちになる瞬間が最近続いていて、それはきっと自分の理想とするものだったり、世間一般で言われる”ホンモノ”の人達のいる世界が見えてくれば見えてくるほど、自分はまだその舞台にすらあがれていない気が、特にソロ活動はしてしまって、最終的に説得力が大事な世界の中で、自分という人間に説得力を自分自身すらまだ感じられていないというのが一番の理由だったりするのかも知れません。

バーっとここに、説明しようと色々文章にしてみたけど、結局全て言い訳にしか見えないなと、きっと今、何を説明しても大して意味のないことなのかな、と感じたので細かい部分は書かないでおきます。
側からみたらどこに向かってるのかよくわからなく見えるかもしれないけど、僕自身には見えていて、それは言葉とかでなく、姿や行動で示していくのが今は正しい形のような気がしていて

その見えているものが、自分の壮大な勘違いだとしたら、きっとゆっくりと消えて、忘れ去られ、もっと小さな世界の中で生きていくことになるんだろうなぁ。でも、それも1つの人生、星の数ほどいるミュージシャンの大半が辿ってきた道で。

だけど、まだ足掻きたい、やっと明確に見えてきたものの先がどうなってるのか知りたい。
だから、その先を目指すための時間を確保するために今は環境を整えなきゃ、ということでした。

胸にある沢山の想いや言葉、これから更に降り積もっていくものは、今は自分の中で大切に育んでおいて、いつかそれをちゃんとした形で届けられる人になれるよう、これからも必死に。

「たった一度だけ生まれて、たった一度だけ死んでいく」
いつまでもこの言葉を胸に刻んで。

わざわざ読んでくださった方、ありがとうございました。

 

– My finder –


 – My finder –

作詞作曲 : オノマサヒト


「忘れない」と
この胸の中で 切ったシャッター
残った君との記憶
寂しさ 温かさ 此処にある
最後のプレゼント
いつまでもアルバムにして

当たり前のように流れてきた時間
どれだけ大事に出来たのだろう?
どうにも色褪せていく 頭の中
想い続ければ消えはしないのかな?

「おはよう」「おやすみ」
何気ない言葉
今となれば特別に見えて
ポンコツな僕らはいつでも
“無くしてから気付く生き物”だけどさ

終わりを見据えては
何も始まりはしないだろう?
その代わりに映りゆく景色を
1つ 1つと焼き付けていこう

同じ道を歩んでいけるのは
そんなに長くないことだからさ
幻のように過ぎてゆく”今”を
ファインダー越しに見る癖をつけてみた
綺麗に残せば残すほど
寂しさも深くなるのだろう
溢れ出た想い その全てが
儚い人生に色を足してくれる

生きること 死ぬこと その意味を
永遠に知ることは出来なくても
なんだか君のおかげで僕は
ほんの少しだけわかった気がしてる

始まりがあればサヨナラもあって
振り返る思い出のフィルム
ごめんねとか後悔もあるさ
良いこと悪いこと 巻き起こる出来事を
「忘れたくない」と強く願う度
胸の中 シャッターを切るんだ
此処にある愛しき褪せない
このプレゼント
いつまでもアルバムにして

Blog – 1月

2018年も早1ヶ月が経ちましたね。
どうもこんにちは、オノマサヒトです。

2月入って少し経ちまして、今月の目標と、1月を軽く振り返ろうと思います。

今月は先月宣言した通り…

◆3/1に曲発表。

この目標で動きます、後は演奏動画もアップしたいな。曲に関してはもう出来ていて、そのドラム・ベース録りのためにスタジオに向かう道中でこれを書いてます。

今月もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

さて、ここからは1月を振り返ります。ご興味があれば。

 


 

 

今年の年明け、具体的に何がどうとかそういうのはないんだけど、肌で感じるレベルで今までに無かったような初めての感覚を抱きながら新年を迎えて、その感覚がわりと間違ってないのかなというか、今年は本当に色々変わりそうだなって感じる1ヶ月になりました。

演奏動画から始まり、去年から気合いをいれてたライブがあり、そして演奏動画で締め。音楽的な部分ではそんなところだけど、それ以外では14年間共に、人生の半分一緒に生きてくれた、愛犬とのサヨナラが大きな出来事でした。

 

もっともっと先の世界が遥か彼方に広がってるという大前提の上で、僕なりの、現時点での”音楽”というものの本質というか、それこそ人生にもつながることなのかな、そこに向かうための意識や姿勢であったり、去年の終わりくらいからボヤッと見え始めてたものを確かめにいきたいと、今年始まった時に漠然と思っていて、そのボヤッとしたものがかなり輪郭を伴ってきた、それがこの1ヶ月、濃い一ヶ月だったなぁ。

この先は、その輪郭を伴ってきて見えてきた、辿り着きたい場所になるべく早く近づいていくこと、これに尽きるなと。
セルフプロデュースをしっかり考えて、実行して、高めるぞ~!ってそんな感じ。

 

突然訪れた愛犬とのサヨナラも、本当に、色んなことに気づかせてくれました。

14年前なんて僕はまだ中学生、思い返せば日々どんな生活をしていたかなんて思い出せないくらい、1日の重みなんて気にもせず、のうのうと生きていた、そんな頃から一緒にいたわけで、僕にとっては”日常”そのものだったわけです。

そんな日常にあったはずのものがある日突然目の前からなくなってしまう。

覚悟もしていたし、そんな日がいつか来るのはわかっていたから可能な限り共にいる時間も作っていたけど、いざ直面した時の哀しみは、当然のように、とてもとても深いものでした。

そんな瞬間に直面したおかげで、更に、更に、深く、”今”という時間の尊さ、大切にしたいと思う気持ちがとても強いものになって、最近は1日1日、一瞬一瞬、こうしてこの文章を書いている時間さえ、特別なものに見えるようになってきて、これは本当に彼のおかげというか、最後くれたプレゼントだったのかなって。

みんなわかってる上で、きっと目を瞑って生きてる。そりゃ終わりを見据えてしまっては全て無駄に見えてくるし、どう足掻いても絶望とはまさにこのことで、それが普通のことなんだと思う。

でも多分それは違うんだって、寂しいけど、哀しい話じゃないんだよって、愛犬が教えてくれた、そんな気がしてます。

帰宅して2時間後、「最期が近い」と呟いた1時間後に息をひきとって、きっと待っててくれてたなんて都合のいい解釈をして、翌日は雲一つない快晴の中、日曜日だったおかげで沢山の人に見守られながら旅立っていきました。

“当たり前”と思ってたものにもいつか終わりがくる、僕らが大事に出来るのは”今”だけだから、最期の時までなるべく多くの景色を見て、1つ1つしっかり焼き付けてながら生きていきたいですね。

今月もはりきっていきましょう〜。

Blog – あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます、オノマサヒトです。

始まりました、2018年。
今年一年、こんな一年にしたいなぁなんて誰しも意気込む瞬間、1月1日。
皆様にとってステキな1年になりますよう、お祈り申し上げます。

色々とつらつら書くのは後にして、とりあえず1月の活動ですが、今は少しドラムに集中したい欲が強いので…

◆次回の曲発表は3/1

にさせてもらいます、2ヶ月かけて1曲作ります。その代わり1月・2月と演奏動画を多めにアップする予定です、少しドラム頑張りたいです。

今年もオノマサヒト、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

以下、去年や今年について綴った駄文です。

 


 

 

2017年は”人”の有り難みを心の底から実感した年。
沢山の人に助けられ、支えられ、教えられ、未熟な僕をまた一歩、また一歩と、決して1人では辿り着けない場所に連れてきてくれました。大切にしたいものが沢山できた年でもあるなぁ。

楽しいとか、幸せだなとか、感じる瞬間は圧倒的に増えて、1日1日生きてることをしっかり実感しながら過ごせるメンタルを手に入れられたのは本当に大きなこと。それを手にできたのは全て、関わってくれた人達のおかげ…。
僕は未だに気がつけば孤独に片腕引っ張られていってしまう人間で、それでも逆の腕を引っ張ってくれる人達が今はいて、それにいつも助けられてばかり。始まりはきっとUVERworldがもたらしてくれたもの、UVERと出会った瞬間から人生が少しずつ変わり始めたこと、それがまた1つ、去年2017年はカタチとして現れてくれた。

でも、この前の生誕祭ライブでTAKUYA∞さんが話してた。
「幸せすぎて、もうこのままでいいかななんて思っちゃいそうなんだよ。でもそれじゃダメなんだよ、だからライブも来年は少し減らして、自分と向き合う時間を増やして更にもっと素敵なところにいけるようにする。」って。

このMCを聞いた時に本当にハッとさせられた。
人の有り難みを知って、それを大事にすればするほど、プラスが自分を包んでいく度、まだまだ先を目指してるはずなのに、無意識下で同じような心境に陥ってしまいそうになっていた自分がいたことに気付かされた。

それは勿論、全然悪いことじゃなくて、可能な限りプラスなものを感じて生きていくことこそがヒトの幸せな生き方だと僕自身思ってる上で、孤独に、自分と向き合う時間も大事なんだって、改めて教えてもらいました。

だから、今年は大切にするものは大切にしながら、改めて、さらにしっかり自分と向き合って成長できる年にする。そして、いつか大切な人達に、心に溢れてる”感謝”を還元できるよう、一歩も二歩も三歩も進める年にしたい。

去年はホップなら、今年はステップ、そしてジャンプへ繋がるように。

まだまだ先は長いけど、可能な限りスピード上げて、いけるとこまでいって、その場所にいる人達と良いことも悪いことも笑って共有しながら、1つ1つ年を重ねていくのだ。

人生まだまだこれからが本番、2018年突っ走ろ!

今年もよろしくお願いします!

– Addition –


 – Addition –

作詞作曲 : オノマサヒト


呆れるほど  暗い未来ばかり
閉じこもった部屋の中
1つ1つ数えているんだ

「明日になれば良いことがある」と言う君を
鼻で笑い飛ばすたび  虚しくなった

動けずにムダにした”時間(とき)”の
リサイクルまだ間に合うかなぁ?
ホップステップジャンプで飛びたくても
地に足ついたままで

“1”の足し算で僕らは変わっていく
自業自得さ 今いる場所 その環境さえも
「叶わない」と嘆いても意味はもうないぞ?
辿り着く術は自分しか知らない  きっと

錆びれるほど
冷たく 固くなる この身に
鞭を打ちつけるたび
剥がれゆく虚栄心

届かずにゴミにしたあの時に
感じたココロの波さえ
切って 焼いて 飲んで 消化できたなら

楽なかけ算を望んではみたけど
当たり前さ そんな簡単じゃないね
どの世界も
「敵わない」と嘆く時は自分を見つめて
終わりのない”ツミカサネ”だけが
道を照らすよ

理想の姿の自分は
いつも少し前に立ってて
「こっちこいよ」
得意げに笑ってる

地味な足し算に嫌気もさすけど
信じてる 僕らの人生に引き算はないと
はるか遠く 小さく 見える
“100” “1000” “10000”
“100000000”  だって
何もない”0″から全て始まってるんだよ

これからがスタートさ